東進ハイスクールの魅力と秘密お伝えします!

担任と二人三脚でゴールを目指す

担任と二人三脚でゴールを目指す

東進ハイスクールは、教科ごとの講師陣の他にも担任制を導入しています。担任は、各生
徒の志望状況を把握し、得意不得意の教科を把握し、これから合格へ向けてどのような対
策が必要かを生徒と一緒になって考えてくれる、いわば「受験の縁の下の力持ち」となります。
東進ハイスクールには、現役の受験生の他にも、高校1,2年生などの、受験予備軍も通っていますが、中には、まだ志望校が定まっていない生徒もいます。そんな時は、将来のことを一緒になって考え、自分の将来の為には、どのような大学のどのような学部を選択するのがベストか、といった、将来を見据えた相談にも乗ってくれます。そして相談することにより、早い時期から受験に対しての意識を高め、本番までのモチベーションを維持させて、「勝てる受験体制」へと導いてくれる。こうして見てみると、担当というのは、以外にも、授業の担当講師以上に、生徒一人一人に近い存在となるのですね。
高校の担任の先生とはまた違った立場ですので、生徒にとっても、聞き難い進路の相談は東進の担当の先生にする、という子供もいるくらい。それくらい親身になって子供の進路を考えてくれる人がいる、というのは親御さんにとっても安心なのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ