東進ハイスクールの魅力と秘密お伝えします!

長期戦か短期決戦か!?

長期戦か短期決戦か!?

大学受験を始めるには、一般的には早ければ早い方が良い、と言われていますが、これって本当でしょうか?
高校生ともなれば、子供には子供の生活パターンがあります。中には、小さいころからの習い事や練習してきたことに本格的に取り組み始める子供もいると思います。大学受験にも大切なこの時期は、人生の中でも重要な時期ですので、親としては色々な経験をして人生の肥やしにしてほしいのも事実です。なにより、親がさせた勉強と、自ら積極的にする勉強では、得られる成果にはかなりの差があるので、能動的にスタートさせることが大切だ、ということは言えると思います。前出の高校生のように部活動や、高校生活以外になにか意欲的に取り組んでいるものがあるなら、そんな子供には、ある一定の期間だけ、どっぷり集中させて短期決戦に持ち込むのも一つの手ではないでしょうか。
東進ハイスクールの方針も同じような事が言えます。能動的に「今やろう!」そう思った時がスタートの時です。この予備校には、子供の意思を尊重して、短期でも長期でも、受験勉強をサポートする体制が整っている、そんな印象を受けます。「この予備校へ行くと、大学に合格する」という考えではなく、子供が能動的に勉強する環境こそが、東進ハイスクールの一番のセールスポイントなのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ